シェアする ツイートする LINEで送る

シェア

メニュー

注文住宅用の土地を買うなら、まずハウスメーカーを決めましょう!

今回は【イーケンの新築計画】で、区分マンション売却や土地購入の方もいらっしゃいますので、不動産売買の流れを話させて頂きたいと思います。

当社は【イーケンの新築計画】のハウスメーカーで注文住宅を新築計画、建て替えを検討される方のお問合せで、土地をまだ所有されていない方の為に土地探しを致しております。

当社で提携しておりますハウスメーカーで注文住宅の建築をされる方には、土地を仲介手数料無料でご紹介させて頂いております。

その際の土地探しの注意点と土地購入の流れをお話ししたいと思います。

高橋 龍矢

執筆者

第二支店支店長 高橋 龍矢

まず先にハウスメーカーを決定する理由

注文住宅を検討される方は、土地代金と注文住宅の代金、その他の諸費用を金融機関に融資をして頂かなければなりません。ハウスメーカーを何処で建てるかを決めていない場合には、良い土地の情報が取得出来てもすぐに新築計画のプランと概算見積書をすぐにお願いする事が出来ません。その新築計画プランと概算見積と概算書費用と土地の価格をもって金融機関に初めて融資相談が出来る事になります。これは、建売住宅やマンション購入するのとは大きく異なっており、色々難しい判断をしなければならないところになります。

何処のハウスメーカーで建てようかと決めている間に、良い土地であれば他の方が決めてしまう可能性もあり、また売主はある程度の期間が経てば、売出価格を下げてでも売ってしまうと思います。自分が良いと思ったら他の土地を探している方もその土地を良いと思うと考えた方が良いかと思います。

その為に当社は注文住宅の打合せするハウスメーカー数社の決定からアドバイスを致しております。何処のハウスメーカーとも第三者の中立な立場であり、今まで数多くのアドバイス経験のあるお客様のコンシェルジュとして的確なアドバイスをさせて頂いております。

融資事前審査が下りているかの確認

売主側の仲介業者に土地を購入の検討をするから土地を押さえて下さいと言っても、今は必ず融資の事前審査は通っていますか?と尋ねてきます。要するに、注文住宅を建てる建築費用と土地の購入費用の合計金額の融資が可能か事前審査が通っていなければ、購入出来るかも分からない方の為に売主側は他で購入したいという方が急にこられる可能性もあるので、融資が不確定な方の為に売地を取っておく事はしないという事になります。

金融機関によっては事前審査結果を書面で出さない金融機関もありますが、その際は金融機関の担当者に問合せて頂いたりする事になりますが、基本的には融資の事前審査結果は書面として出して頂けるので、それを売主側に確認して頂いてから土地の契約となります。土地を現金で購入される方には問題無い話となります。

上記理由から【イーケンの新築計画】で土地探しをお願いされる場合には、土地購入をスムーズにする為に、まず注文住宅を建築するハウスメーカーを一緒に決めさせて頂いております。何卒よろしくお願い致します。

イーケンの新築計画
イーケンブログ一覧