h 不動産の小さな豆知識(住宅ローン返済比率編) | スタッフブログ | 東京・埼玉・千葉・神奈川で新築、建て替えをお考えの方、無料でご相談に応じます | 株式会社イーケン
シェアする ツイートする LINEで送る

シェア

メニュー

不動産の小さな豆知識(住宅ローン返済比率編)

不動産の小さな豆知識を書いているスタッフが既にいますが、もう一人担当となりましたので、宜しくお願いします。

今回は【住宅ローン返済比率】についてです。
注文住宅をハウスメーカー・工務店などで新築・建て替えの際は現金払いしない限り必ず金融機関からの借入があると思います。
金融機関の融資の審査基準の返済比率(返済負担率)をお話しします。

久保木 敦也

執筆者

第一支店 久保木 敦也

まずは公的金融機関となるフラット35の返済比率について

返済比率とは年収に対して住宅ローン等の比率になります。
フラット35では、年収400万円未満が30%以下、年収400万円以上が35%以下になります。
これは住宅ローン以外の教育ローンや車のローン等も含めて返済可能な比率という金融機関の考え方です。
要するに400万円×35%=140万円が年間返済で、12ヶ月で割ると11万6千円が月々返済の限度となる。
月々11万6千円の返済額となると金利を2.3%で計算すると借入可能額が約3350万円。

住宅ローンシュミレーション(住宅保証機構株式会社)より。

フラット35と民間金融機関を比較すると

民間金融機関だと年収300万円未満ですと返済比率20%以下、600万円以上が40%以下で、
年収が高い方には返済比率も民間金融機関は緩くなっています。
この返済比率に各金融機関の返済金利と金融機関ごとの審査基準が加味されます。

過去には住宅ローンが高かった時代もありました(旧住宅金融公庫の過去の基準金利表)。

注文住宅で土地を所有してない方の新築計画の土地建物の総額ローンを検討する

まずは注文住宅の建築費用ですが、簡単に言えば、当たり前ですが、注文が多ければ多いほど金額は高くなります。
木造か鉄骨、階数、延べ床面積などで違いますが、概ね建坪30坪弱ですと、ハウスメーカーによりますが、1800万円から2800万円を見ておけば良いと思います。

【イーケンの新築計画】では年収やご用意出来る自己資金、ご希望の建物構造や間取から
一番お客様に合うハウスメーカーをご説明の上、選択してプレゼンの段取りをしています。

土地は今の時代は不動産サイトを見て頂ければ、そのエリアの坪単価がかなり分かると思います。
区内の住宅地でも地名によって様々ですが、豊島区・大田区・世田谷区・文京区・目黒区、
さらにその上は、港区等が23区内では土地が高いと言われております。

北区でも田端駅周辺の住宅街と埼玉県境の住宅街では土地の価格は大きく違います。
その地名で同じ区内でも価格が大きく違うのは板橋や練馬区等、他の区内にもあります。
土地価格を調べる際には区単位では無く、同じ地名で確認されるのが良いと思います。

板橋区で土地購入を検討しますと良いエリアでの金額差は坪30万円前後ありますが、概ね坪110万円強です。
約25坪で2750万円に諸費用を考えて2850万円となります。
(当社のイーケンの新築計画でハウスメーカーを選ばれますと土地の仲介手数料無料になります)

土地建物の合計額での注文住宅の検討

上記の土地建物の総額4650万円で融資を考えてみますと、自己資金は10%程度必要になると思われますが、返済金利2.2%ですと年収は550万円以上となります。
金融機関によっては、お子様等の扶養家族の人数によって、自己資金をさらに求められる事もあります。
当社【イーケンの新築計画】でハウスメーカーを選ばれた方には、無償でファイナンシャルプランナーとご相談会を実施致しておりますので、是非ご利用頂ければと思います。

また、23区内でもエリアが違えば年収が550万円未満でも検討可能なエリアもございます。
イーケンの新築計画でお客様の家作りのお手伝いをさせて頂ければ幸いです。
住宅ローン返済比率から注文住宅購入のお話しでした。

イーケンの新築計画
イーケンブログ一覧